おおがはす (大賀蓮)

Nelumbo nucifera

Nelumbo nucifera

Nelumbo nucifera

この「ハス」は1951年、千葉市花見川区の東大厚生農場で、およそ
2000年前の地層から発見されました。この実は翌年に発芽して順
調に生育し、花を咲かせるようになりました。その後、発見者の大賀
一郎博士に因んで「オオガハス」と命名され、1954年には「検見川
の大賀蓮」として千葉県の天然記念物にも指定されています。花弁
数は14〜20枚の一重咲きで、花色は鮮やかなピンク色です。
ハス科ハス属の多年草で、学名は Nelumbo nucifera。
英名はありません。
大阪府交野市「大阪市大付属植物園」にて、2006年06月21日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp