おおほうかんぼく (大宝冠木)

Brownea grandiceps

Brownea grandiceps

Brownea grandiceps

Brownea grandiceps

中央アメリカから南アメリカ北部に分布しています。成長は遅く、高さ
は3〜8メートルになります。葉は偶数羽状複葉で、長楕円形の小葉
が5〜14対つきます。若葉は褐色を帯び、淡いピンクや緑白色の斑
があります。葉腋から花梗を伸ばし、くす玉のような花序に朱赤色の
花をいっぱい咲かせます。果実は莢果で、長さ25センチほどになり
ます。
ジャケツイバラ科ブラウネア属の常緑低木で、学名は Brownea
grandiceps。英名は Rose of Venezuela, Scarlet flame bean。
Rose of Venezuela belongs to Caesalpiniaceae family. This is an evergreen
small tree that is distributed from Central America to northern Sounth
America. This tree grows slowly and can reach 3-8 m in height. The leaves
are pari-pinnately compound with 5-14 pairs of oblong leaflets. The young
leaves are tinged brown and mottled pale pink or greenish white. The round
clusters are borne on the axiles and bloom many scarlet red flowers. The
fruits are cylindrical pods 25 cm long.
[上・中1] 京都市左京区「京都府立植物園」にて、
2007年03月26日撮影。
[中2] 同上にて、2006年03月29日撮影。
[下] 同上にて、2006年02月17日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp