おおいたどり (大虎杖)

Reynoutria sachalinensis

Reynoutria sachalinensis

Reynoutria sachalinensis

Reynoutria sachalinensis

Reynoutria sachalinensis

Reynoutria sachalinensis

Reynoutria sachalinensis

わが国の本州、中部地方以北から北海道、千島それにサハリンに
分布しています。山地帯から亜高山帯の砂礫地に生え、高さは1〜3
メートルになります。雌雄異株です。葉は長卵形から卵形で、長さは
15〜30センチ、幅10〜20センチの大型です。葉の裏面は粉白色
となり、両面の脈のうえに短い毛があります。7月から9月ごろ、上部
の葉腋に総状花序をだし白色の花を咲かせます。若芽は「いたどり」
と同じく食用になります。また根は漢方では、緩下剤や蕁麻疹、気管
支炎などに用いられます。
タデ科イタドリ属の多年草で、学名は Reynoutria sachalinensis。
英名は Giant knotweed。
Giant knotweed (Reynoutria sachalinensis) belongs to Polygonaceae
(Knotweed family). It is a perennial herb that is distributed northward from
Chubu district of Honshu to Hokkaido, Kuril Islands and Sakhalin. This
herb occurs in montane to sub-alpine screes and can reach 1-3 m in height.
It is dioecious. The leaves are long-ovate to ovate, 15-30 cm long and 10-
20 cm across. The leaves are powdery white on abaxial sides and have
short hairs on veins. The racemes are borne on the upper axiles and bloom
white flowers from July to September. The young shoot have a sour taste
and edible. The rootstocks are used a herbal medicine for laxative and
diuretic agent.
[上・中1] 長野県小谷村千国乙「栂池自然園」にて、
2006年08月02日撮影。
[中2・中3] 長野県白馬村北城「八方尾根」にて、
2006年08月25日撮影。
[中4] 長野県松本市安曇「乗鞍林道」にて、
2002年08月16日撮影。
[中5・下] 山形県小国町「温身平」にて、2008年07月12日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp