おおいたやめいげつ (大板屋名月)

Acer shirasawanum

Acer shirasawanum

Acer shirasawanum

Acer shirasawanum

Acer shirasawanum

Acer shirasawanum

Acer shirasawanum

わが国の固有種で、本州の宮城県以西と四国に分布しています。低山帯の落葉樹林に生え、高さは5〜10メートルになります。樹皮は、暗灰色または暗褐色で平滑です。葉は掌状に9〜13裂し、重鋸歯があります。やや堅い洋紙質です。5月ごろ、淡い黄色の花をつけ、秋には、黄色から赤色に紅葉します。名前は、江戸時代にこの仲間を「板屋」あるいは「明月」と呼んだことに由来します。 
カエデ科カエデ属の落葉高木で、学名は Acer shirasawanum。
英名は Fullmoon maple。 
Fullmoon maple (Acer shirasawanum) belongs to the Aceraceae (the Maple family). It is an endemic species of Japan, and distributed westward from Miyagi prefecture of Honshu to Shikoku. This tree grows in deciduous forests of low mountains and it can reach 5-10 m in height. The bark is dark gray or dark brown and smooth. The leaves are palmately divided into 9-13 leaflets with doubly serrate margins. They are hardish foreign papery. The pale flowers bloom in May, and the leaves are turn yellow to red in fall. 
[上・中1] 長野県上村「下栗の里」にて、2002年11月03日撮影。
[中2〜5・下] 福島県檜枝岐村「台倉高山」にて、
2014年09月21日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp