おおかなめもち (大要黐)

Photinia serrulata

Photinia serrulata

Photinia serrulata

Photinia serrulata

Photinia serrulata

Photinia serrulata

Photinia serrulata

Photinia serrulata

Photinia serrulata

わが国の本州、岡山・愛媛県以南から台湾、フィリピンにかけて分布
しています。高さは10メートルほどになり、葉は互生して、「かなめも
ち」より大型です。5月から6月ごろ、散房花序に白い花をいっぱい
咲かせます。果実は球形で紅色に熟します。
バラ科カナメモチ属の常緑高木で、学名は Photinia serrulata。
英名は Taiwanese photinia。
Taiwanese photinia belongs to Rosaceae (Rose family). It is an evergreen
tall tree that is distributed southward from Okayama-Ehime prefecture of
Japan to Taiwan and Philippine. This tree can reach about 10 m in height,
the leaves are alternate and larger than Japanese photinia (Photinia glabra).
The numerous white flowers come in the corymbs from May to June. The
fruits are globose and ripen ponceau.
[上・中1] アメリカ・テキサス州ダラス市にて、
2006年04月14日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中2] 同上にて、2006年03月04日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中3] 同上にて、2006年04月02日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中7] 同上にて、2005年10月26日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中4] 京都府宇治市「宇治市植物公園」にて、
2006年03月24日撮影。
[中5・下] 大阪府交野市「大阪市大付属植物園」にて、
2007年03月01日撮影。
[中6] 京都市左京区「京都府立植物園」にて、
2004年02月07日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp