おおきばなかたばみ (大黄花酢漿草)

Oxalis pes-caprae

Oxalis pes-caprae

Oxalis pes-caprae

Oxalis pes-caprae

Oxalis pes-caprae

Oxalis pes-caprae

Oxalis pes-caprae

Oxalis pes-caprae

Oxalis pes-caprae

Oxalis pes-caprae

Oxalis pes-caprae

Oxalis pes-caprae

南アフリカのケープ地方が原産です。ステップ(大草原)に生え、高さは15〜30センチになります。葉は3出複葉、小葉は倒心臓形で明るい緑色をしています。表面には暗い斑点があります。秋と春に、長い花茎を伸ばして散形花序をだし、鮮やかなレモン色の大きな花を咲かせます。別名で「オキザリス・セルヌア」とも呼ばれます。 
カタバミ科カタバミ属の多年草で、学名は Oxalis pes-caprae。
英名は Bermuda buttercup。 
Bermuda buttercup (Oxalis pes-caprae) belongs to the Oxalidaceae (the Wood sorrel family). It is a perennial herb that is native to the Cape Province of South Africa. This herb grows in steppes and can reach 15-30 cm in height. The leaves are 3-lobed compounds with light green, obcordate leaflets. The leaflets have dark mottles. The umbels are borne on the long stalks and bloom lemon-yellow flowers in fall and spring. 
[上・中3] アメリカ・カリフォルニア州サンフランシスコ市「ゴールデン
ゲートパーク」にて、2007年03月16日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中1] 静岡県浜松市「浜松フラワーパーク」にて、
2004年02月01日撮影。
[中2] アメリカ・カリフォルニア州サンディエゴ市「バルボア公園」
にて、2007年03月23日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中4] スペイン・バレンシア県プソルにて、2011年02月02日撮影。
(photo by Yumi Gunji)
[中5] 同上にて、2012年02月19日撮影。(photo by Yumi Gunji)
[中6・中7] 同上にて、2015年03月11日撮影。(photo by Yumi Gunji)
[中8] アメリカ・カリフォルニア州サウサリートにて、
2010年02月26日撮影。(photo by Jouette Suehiro)
[中9・中10] ポルトガル・アルガルヴェ地方カストロマリンにて、
2015年12月16日撮影。(photo by Yumi Gunji)
[下] 同上にて、2015年12月21日撮影。(photo by Yumi Gunji)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp