おおけたで (大毛蓼)

Persicaria pilosa

Persicaria pilosa

Persicaria pilosa

Persicaria pilosa

Persicaria pilosa

中国の南部からヒマラヤに分布しています。わが国へは江戸時代に
観賞用として導入され、現在では各地の道ばたや荒れ地、河原など
に帰化しています。高さは1〜2メートルになり、全体に毛が多いの
が特徴です。葉は卵形で先端が尖り、長い葉柄があります。8月から
11月ごろ、長い花穂をだし、紅色の花を咲かせます。花弁のように
見えるのは、先が5裂した萼片です。別名で「おおべにたで(大紅
蓼)」とも呼ばれます。
タデ科イヌタデ属の一年草で、学名は Persicaria pilosa(syn.
Polygonum orientale)。英名は Prince's feather。
Prince's feather (Persicaria pilosa) belongs to Polygonaceae (Knotweed
family). It is an annual herb that is native from southern China to Himalaya.
It was introduced into Japan in Edo Period (about 270 years ago) as an
ornamental plant. This herb is naturalized in so many places; roadsides,
barrens or river banks. It can reach 1-2 m in height and difined by hirsute
on the plant. The leaves are ovate with acute tips and long petioles. The
spikes are borne and bloom rose pink flowers from August to November.
The sepals are divided into 5 lobes and look like the petals.
[上・中1〜2] 岐阜県恵那市岩村町にて、2007年10月04日撮影。
[中3・下] 京都市左京区「京都府立植物園」にて、
2005年08月16日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp