おおきんけいぎく (大金鶏菊)

Coreopsis lanceolata

Coreopsis lanceolata

Coreopsis lanceolata

Coreopsis lanceolata

Coreopsis lanceolata

Coreopsis lanceolata

Coreopsis lanceolata

Coreopsis lanceolata

Coreopsis lanceolata

Coreopsis lanceolata

Coreopsis lanceolata

Coreopsis lanceolata

Coreopsis lanceolata

Coreopsis lanceolata

Coreopsis lanceolata

北アメリカが原産です。わが国でも各地に栽培されていたものが野生化しています。荒地でもよく生育するので、法面などにワイルドフラワーとして播種されることも多くなりました。名前は黄金色にまぶしく映えて、そのかたちが鶏のトサカに似ていることから。八重や半八重咲きの園芸品種もあります。
キク科ハルシャギク属の多年草で、学名は Coreopsis lanceolata。
英名は Lance-leaf tickseed。
Lance-leaf tickseed belongs to Asteraceae (the Aster family). It is a perennial herb that is native to North America. This herb has been naturalized in so many places of Japan. It is planted widely for slope protections. Many cultivars are breeded, such as double-flowered or semi-double flowered.
[上・中1] 岐阜県中津川市蛭川にて、2007年06月07日撮影。
[中2] 茨城県神栖市柳川にて、2007年07月12日撮影。
[中3] アメリカ・テキサス州「フォートワース植物園」にて、
2007年05月13日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中4] 同上にて、2006年04月29日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中10] 同上にて、2008年05月11日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中5] 京都府宇治市「宇治市植物公園」にて、
2004年05月29日撮影。
[中6・中7] アメリカ・テキサス州「ダラス植物園」にて、
2006年04月14日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中8・中9] 茨城県神栖市土合西にて、2008年05月27日撮影。
[中11〜13・下] 茨城県神栖市高浜にて、2012年05月21日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp