おおばきすみれ (大葉黄菫)

Viola brevistipulata

Viola brevistipulata

Viola brevistipulata

Viola brevistipulata

Viola brevistipulata

Viola brevistipulata

Viola brevistipulata

Viola brevistipulata

Viola brevistipulata

Viola brevistipulata

Viola brevistipulata

Viola brevistipulata

Viola brevistipulata

Viola brevistipulata

Viola brevistipulata

Viola brevistipulata

Viola brevistipulata

Viola brevistipulata

Viola brevistipulata

Viola brevistipulata

Viola brevistipulata

わが国の本州、中国地方以北から北海道、それに中国東北部に分布しています。おもに日本海側の山地に生え、高さは5〜20センチになります。葉は心形で光沢があり、葉脈がはっきりと窪んでいます。5月から7月ごろ、ごく短い距のある黄色い花を咲かせます。
スミレ科スミレ属の多年草で、学名は Viola brevistipulata。
英名はありません。
"Ooba-kisumire" (Viola brevistipulata) belongs to the Violaceae (the Viola family). It is a perennial herb that is distributed northward from Chugoku district of Honshu to Hokkaido of Japan and north-east China. This herb grows in mountains of the Japan Sea Side and can reach 5-20 cm in height. The leaves are cordate with concave veins. The yellow flowers with short spurs come in May to July.
[上] 長野県阿智村「ヘブンスそのはら」にて、2007年05月08日撮影。
[中1〜中4] 長野県安曇野市穂高有明「中房渓谷」にて、
2006年06月02日撮影。
[中5〜中7] 群馬県片品村戸倉「尾瀬ヶ原」にて、
2012年06月10日撮影。
[中8・中9] 群馬県片品村「至仏山」にて、2015年07月04日撮影。
[中10〜中14] 山形県飯豊町数馬にて、2016年04月24日撮影。
[中15〜19・下] 山形県小国町大石沢にて、2016年05月02日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp