おおまつよいぐさ (大待宵草)

Oenothera erythrosepala

Oenothera erythrosepala

Oenothera erythrosepala

Oenothera erythrosepala

Oenothera erythrosepala

Oenothera erythrosepala

Oenothera erythrosepala

Oenothera erythrosepala

北アメリカ原産のグランディフローラ種(O. grandiflora)とエラタ種(O.
elata)をもとにヨーロッパで作出された園芸品種です。わが国へは明
治時代のはじめに渡来しました。今では、各地に広く野生化していま
す。高さは80〜150センチほどで、堅い毛が生え、毛の基部はふく
れて暗い赤色を帯びます。7月から9月ごろ、黄色い大きな花を夜に
咲かせます。涼しいと日中でも咲き続けます。
アカバナ科マツヨイグサ属のニ年草で、学名は Oenothera
erythrosepala。英名は Large-flowered evening primrose。
Large-flowers evening primrose (Oenothera erythrosepala) belongs to
Onagraceae (the Evening primrose family). It is a biennial herb that is a
hybrid between Oenothera grandiflora and Oenothera elata. This hybrid
was raised in Europe and introduced into Japan in the early Meiji Era
(about 140 year ago). Nowadays, it is naturalized in so many places. This
herb can reach 80-150 cm in height. The stems are covered with stiff hairs
that are swollen at the bases and tinged dark red. The large yellow flowers
are open at night, thogh they can stay open until next daytime.
[上・中1] 茨城県神栖市「波崎海岸」にて、2008年07月15日撮影。
[中2] 同上にて、2008年06月11日撮影。
[中3・中4] 長野県北相木村京の岩にて、2005年07月09日撮影。
[中5] 長野県筑北村坂井「修那羅森林公園」にて、
2006年08月01日撮影。
[中6] スイス・インターラーケンにて、2002年07月17日撮影。
(photo by Jon Suehiro)
[下] スイス・ベルン州「バレンベルク屋外博物館」にて、
2009年06月27日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp