おおなるこゆり (大鳴子百合) [Index] [Back]

Polygonatum macranthum

Polygonatum macranthum

Polygonatum macranthum

Polygonatum macranthum

Polygonatum macranthum

わが国の各地をはじめ、朝鮮半島に分布しています。丘陵から山地に生え、高さは80〜130センチになります。根茎は太く、横に広がって節をつくります。茎は丸いです。葉は楕円形から広披針形です。5月から6月ごろ、葉腋から花柄を出し、筒状の緑白色の花を下垂して咲かせます。果実は球形の液果で、熟すと黒色となります。 
ユリ科ナルコユリ属の多年草で、学名は Polygonatum macranthum。
英名はありません。 
"Oo-naruko-yuri" (Polygonatum macranthum) belongs to the Liliaceae (the Lily family). It is a perennial herb that is native throughout Japan and the Korean Peninsula. This herb grows in foothills and mountains, and it can reach 80-120 mc in height. The rhizomatous roots are thick, spread transversally and bear nodes. The stems are round. The leaves are elliptic to broad lanceolate. The peduncles are borne at the axils and bloom descending tubular, greenish white flowers from May to June. The fruits are berries and ripen black. 
[上・中1] 茨城県桜川市「筑波山」にて、2014年08月23日撮影。
[中2〜3・下] 同上にて、2014年09月13日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp