おおやまれんげ (大山蓮華)

Magnolia sieboldii ssp. japonica

Magnolia sieboldii ssp. japonica

Magnolia sieboldii ssp. japonica

Magnolia sieboldii ssp. japonica

Magnolia sieboldii ssp. japonica

Magnolia sieboldii ssp. japonica

Magnolia sieboldii ssp. japonica

Magnolia sieboldii ssp. japonica

Magnolia sieboldii ssp. japonica

Magnolia sieboldii ssp. japonica

Magnolia sieboldii ssp. japonica

Magnolia sieboldii ssp. japonica

Magnolia sieboldii ssp. japonica

Magnolia sieboldii ssp. japonica

わが国の本州、関東地方以西から四国、九州に分布しています。山地に生え、高さは3メートルほどになります。葉は楕円形から倒卵形で、互生します。5月から7月ごろ、芳香のある真っ白な花を、下向きまたは横向きに咲かせます。紅色の雄しべが目立ちます。別名で「みやまれんげ(深山蓮華)」とも呼ばれます。 
モクレン科モクレン属の落葉低木で、学名は Magnolia sieboldii ssp. japonica。英名はありません。 
"Ooyama-renge" (Magnolia sieboldii ssp. japonica) belongs to the Magnoliaceae (the Magnolia family). It is a small deciduous tree that is native to westward from Kanto-district of Honshu to Shikoku, Kyushu of Japan. This tree grows in mountains and it can reach about 3 m in height. The leaves are elliptic to obovate and alternate. The fragrant pure white flowers come in May to July. They are sideways to downward and have conspicuous rose-pink stamens. 
[上・中1] 岐阜県可児市「花フェスタ記念公園」にて、
2007年06月08日撮影。
[中2・中3] 長野市松代温泉にて、2006年05月18日撮影。
[中4] 長野県山ノ内町「東舘山高山植物園」にて、
2005年07月15日撮影。
[中8・中9] 同上にて、2010年07月25日撮影。
[中5・中6] 長野県松本市内田「県林業総合センター」にて、
2005年05月22日撮影。
[中7] 栃木県足利市「あしかがフラワーパーク」にて、
2010年05月09日撮影。
[中10〜中12] 宮城県仙台市青葉区にて、
2016年05月15日撮影。
[下] アメリカ・ワシントンDC「アメリカ国立植物園」にて、
2010年08月19日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp