おおるりそう (大瑠璃草)

Cynoglossum zeylanicum

Cynoglossum zeylanicum

Cynoglossum zeylanicum

Cynoglossum zeylanicum

Cynoglossum zeylanicum

わが国の本州から四国、九州それに沖縄に分布しています。山地に
生え、高さは60〜90センチになります。葉は広被針形で互生しま
す。7月から9月ごろ、水平に広がった10〜20センチの花序に、ご
く小さな淡青紫色の花を咲かせます。
ムラサキ科オニルリソウ属の二年草で、学名は Cynoglossum
zeylanicum。英名はありません。
"Oo-ruri-so" (Cynoglossum zeylanicum) belongs to Boraginaceae (the
Borage family). It is a biennial herb that is native to Honshu, Shikoku,
Kyushu and Okinawa. This herb grows in mountains and can reach 60-90
cm in height. The leaves are broad lanceolate and arranged in alternate.
The flowering clusters spread out on the level. The tiny pale bluish-purple
flowers bloom in July to September.
[上・中1〜2] 群馬県沼田市上発知町「玉原湿原」にて、
2009年07月26日撮影。
[中3・下] 石川県吉野谷村中宮「蛇谷」にて、2004年08月08日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp