おおばなさるすべり (大花百日紅)

Lagerstroemia speciosa

Lagerstroemia speciosa

Lagerstroemia speciosa

Lagerstroemia speciosa

Lagerstroemia speciosa

Lagerstroemia speciosa

Lagerstroemia speciosa

Lagerstroemia speciosa

Lagerstroemia speciosa

インドから東南アジア、オーストラリアの北部に分布しています。高さ
は10〜20メートルほどになります。葉は大きく卵状楕円形です。
枝先に大きな円錐花序をだし、ピンク色から薄紫色の花を咲かせま
す。フィリピンでは「バナバ(Banaba)」と呼ばれ、葉は煎じて糖尿病や
肥満の民間薬として利用されてきました。その薬効は医学的にも証
明されています。
ミソハギ科サルスベリ属の常緑高木で、学名は Lagerstroemia
speciosa。英名は Pride of India, Queen's crape myrtle。
Pride of India (Lagerstroemia speciosa) belongs to Lythraceae (Loosestrife
family). It is an evergreen tall tree that is distributed from India to south-
eastern Asia and northern Australia. This tree can reach 10-20 m in height.
The leaves are large and ovate-elliptic. The large panicles are borne on the
terminal branches and bloom pink to pale purple flowers. It is called
Banaba in the Philippines, the leaves have been prepared a decoction for
diabetes or obesity.
[上・中1] ベトナム・ハノイ市にて、2008年05月31日撮影。
(photo by Jon Suehiro)
[中2] 同上にて、2008年05月30日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中3] 同上にて、2008年05月25日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中4〜中6] 同上にて、2008年05月215日撮影。
(photo by Jon Suehiro)
[中7・下] 関緑著「太陽の花たち」より。(photo by Midori Seki)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp