おおばなのせんだんぐさ (大花栴檀草) [Index] [Back]

Bidens alba

Bidens alba

Bidens alba

Bidens alba

Bidens alba

Bidens alba

熱帯アメリカが原産です。古い時代にアジアや環太平洋地域に広がりました。現在では、世界中の熱帯・亜熱帯地域に広く帰化しています。茎は直立し、高さは30〜120センチになります。葉は奇数羽状複葉で、鋸歯のある卵形の小葉が3〜9個つきます。春から秋にかけて、白色の舌状花と黄色い筒状花のある頭花を咲かせます。ふつうには「あわゆきせんだんぐさ(淡雪栴檀草)」と呼ばれていますが、ここでは独立種とせず、本種の変異の範囲と考えます。
キク科センダングサ属の一年草で、学名は Bidens alba (syn. Bidens pilosa var. radiata)。英名は Shepherd's needles。
Shepherd's needles (Bidens alba) belongs to Asteraceae (Aster family). It is an annual herb that is native to tropical America. It spreads to Asia and the Pacific Rim many years ago and is now widely naturalized throughout the tropics and subtropics everywhere in the world. The stem is erect and can reach 30-120 cm in height. The leaves are odd-pinnately compound with serrate 3-9 ovate leaflets. The flower-heads with white rays and pale yellow centers come in spring to fall.
[上] ベトナム・ハノイ市にて、2009年03月01日撮影。
(photo by Jon Suehiro)
[中4・下] 同上にて、2008年05月21日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中1〜中3] 群馬県桐生市「ぐんま昆虫の森」にて、
2009年03月29日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp