おおしろそけい (大白素馨)

Jasminum nitidum

Jasminum nitidum

Jasminum nitidum

Jasminum nitidum

Jasminum nitidum

Jasminum nitidum

Jasminum nitidum

パプアニューギニアのアドミラルティー諸島(Admiralty Islands)が原産です。「ジャスミン」の仲間で、成長が早く、6メートルの長さにもなります。高さは60〜120センチくらい。葉は楕円形で光沢があり、対生します。晩春から夏にかけての夜、芳香がある純白の風車形の花を咲かせます。 
モクセイ科ソケイ属の常緑または半常緑の蔓性小低木で、学名は Jasminum nitidum。英名は Angelwing jasmine、Star jasmine。 
Angelwing jasmine (Jasminum nitidum) belongs to the Oleaceae (the Olive family). It is an evergreen or semi-deciduous shrub that is native to the Admiralty Islands of Papua New Guinea. This shrub is a trailing vine and can reach about 6 m long, 60-120 cm in height. The leaves are glossy, elliptic and opposite. The scented pure white flowers bloom at night from late spring to summer. 
[上・中1] 栃木県藤岡町「とちぎ花センター」にて、
2008年03月29日撮影。
[中2] 大阪市鶴見区「咲くやこの花館」にて、2006年01月25日撮影。
>[中3・中4] 同上にて、2005年02月08日撮影。
[中5・下] アメリカ・ワシントンDC「アメリカ国立植物園」にて、
2010年02月18日撮影。(photo by Jon Suehiro) 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp