おおしろそけい (大白素馨)

Jasminum nitidum

Jasminum nitidum

Jasminum nitidum

Jasminum nitidum

Jasminum nitidum

パプアニューギニアのアドミラルティー諸島(Admiralty Islands)が原産
です。「ジャスミン」の仲間で、成長が早く、6メートルの長さにもなりま
す。高さは60〜120センチくらい。葉は楕円形で光沢があり、対生
します。晩春から夏にかけての夜、芳香がある純白の風車形の花を
咲かせます。
モクセイ科ソケイ属の常緑または半常緑の蔓性小低木で、学名は
Jasminum nitidum。英名は Angelwing jasmine, Star jasmine。
Angelwing jasmine (Jasminum nitidum) belongs to Oleaceae (Olive family).
It is an evergreen or semi-deciduous shrub that is native to the Admiralty
Islands of Papua New Guinea. This shrub is a trailing vine and can reach
about 6 m long, 60-120 cm in height. The leaves are glossy, elliptic and
opposite. The scented pure white flowers bloom at night from late spring to
summer.
[上・中1] 栃木県藤岡町「とちぎ花センター」にて、
2008年03月29日撮影。
[中2] 大阪市鶴見区「咲くやこの花館」にて、2006年01月25日撮影。
[中3・下] 同上にて、2005年02月08日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp