おおばすのき (大葉酢の木)

Vaccinium smallii

Vaccinium smallii

Vaccinium smallii

Vaccinium smallii

Vaccinium smallii

Vaccinium smallii

Vaccinium smallii

Vaccinium smallii

Vaccinium smallii

Vaccinium smallii

Vaccinium smallii

Vaccinium smallii

Vaccinium smallii

わが国の本州、中部地方以北から北海道、南千島、サハリンに分布しています。山地から亜高山帯の林内に生え、高さは50〜100センチになります。葉は楕円形で、縁には細かい鋸歯があり、互生します。6月から7月ごろ、緑白色から紅色の鐘形の花を咲かせます。名前は、葉が酸っぱいことから。果実は紫色に熟し、食用になります。 
ツツジ科スノキ属の落葉低木で、学名は Vaccinium smallii。
英名はありません。 
"Ooba-sunoki" (Vaccinium smallii) belongs to the Ericaceae (the Azalea family). It is a small deciduous tree that is distributed norhward from Chubu district of Honshu to Hokkaido, the southern Kuril Islands and Sakhalin. This tree grows in montane to sub-alpine forests and can reach 50-100 cm in height. The leaves are elliptic, opposite with fine toothed edges. The greenish-white to rose pink, campanulate flowers bloom from June to July. The fruits ripen purple and they are edible. 
[上・中1] 福島県北塩原村「デコ平湿原」にて、
2009年06月28日撮影。
[中2・中3] 長野県小谷村「栂池自然園」にて、
2005年07月14日撮影。
[中4・中5] 福島県檜枝岐村「尾瀬沼」にて、2013年08月25日撮影。
[中6〜中10] 福島県北塩原村「猫魔ヶ岳」にて、
2014年06月14日撮影。
[中11] 栃木県那須町「茶臼岳」にて、2014年08月14日撮影。
[下] 岩手県一関市「栗駒山」にて、2015年06月20日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp