おおたちつぼすみれ (大立坪菫) [Index] [Back]

Viola kusanoana

Viola kusanoana

Viola kusanoana

Viola kusanoana

Viola kusanoana

Viola kusanoana

Viola kusanoana

Viola kusanoana

わが国の北海道から本州、四国、九州北部それにアジアの冷温帯に広く分布しています。やや湿り気のある落葉樹林や林縁、草地などに生え、高さは15〜25センチになります。葉は明るい緑色の円形で、葉脈は凹みます。4月から6月ごろ、地上茎を伸ばして、その途中から花柄をだして、淡い赤紫色の花を咲かせます。唇弁の基部には、紫色の細かい網状の斑があります。また距が白色なのも特徴です。
スミレ科スミレ属の常緑多年草で、学名は Viola kusanoana。
英名はありません。
"Oo-tachitsubo-sumire" (Viola kusanoana) belongs to the Violaceae (the Viola family). It is an evergreen perennial herb that is distributed southward from Hokkaido to Honshu, Shikoku, northern Kyushu and also widely in the cool temperate area of Asia. This herb grows in wettish deciduous forests, forest edges or grasslands, and can reach 15-25 cm in height. The leaves are bright green, round and the veins are concave. The peduncles are borne at the epigeal stem axils, and the pale magenta flowers bloom from April to June. The lower lips has purple fine netted patches at the bases. It is also defined by white spurs.
[上・中1] 群馬県片品村戸倉「尾瀬ヶ原」にて、
2012年06月10日撮影。
[中2・中3] 山形県小国町小玉川にて、2016年04月23日撮影。
[中4〜6・下] 山形県小国町大滝にて、2016年04月24日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp