おおみつるこけもも (大実蔓苔桃)

Vaccinium macrocarpon

Vaccinium macrocarpon

Vaccinium macrocarpon

北アメリカの東部が原産です。湿地帯に生えて、匍匐性があり、高さ
は20〜200センチになります。葉は厚くて長楕円形をしています。6
月から8月ごろ、枝先に総状花序をつけ、淡紅色の花を咲かせま
す。果実は8月から10月ごろに赤く熟します。アメリカやカナダでは
栽培され、酸味や渋みが強いのでジャムやジュースなどの加工用に
利用されます。ふつうには「クランベリー」と呼ばれます。
ツツジ科スノキ属の常緑小低木で、学名は Vaccinium macrocarpon。
英名は American cranberry。
American cranberry belongs to Ericaceae (Azalea family). It is an evergreen
shrub that is native to eastern North America. This shrub occurs in marshes,
spreads by creeping and can reach 20-200 cm in height. The leaves are
thick and oblong. The racems are borne on the terminal branchlets and
bloom pale rose-pink flowers from June to August. The fruits ripen red from
August to October. It is cultivated in USA and Canada, the fruits have
strong acid, astringent taste and provide the raw material for jam or juice.
[上・中] 大阪府四条畷市清滝中町にて、2007年05月10日撮影。
[下] 同上にて、2006年09月25日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp