おおひらうすゆきそう (大平薄雪草)

Leontopodium hayachinense var. miyabeanum

Leontopodium hayachinense var. miyabeanum

Leontopodium hayachinense var. miyabeanum

Leontopodium hayachinense var. miyabeanum

わが国の固有種で、北海道南部の大平山と中部の崕(きりぎし)山に
分布しています。石灰岩の礫地に生え、高さは10〜30センチになり
ます。全体に白い綿毛に被われています。6月から8月ごろ、白い苞
葉に囲まれた頭花を咲かせます。苞葉の数が多く、苞葉の綿毛が厚
くふっくらとしているのが特徴です。雌雄異株の傾向が強いそうです。
キク科ウスユキソウ属の多年草で、学名は Leontopodium
hayachinense var. miyabeanum。英名はありません。
[上・中2] 大阪市鶴見区「咲くやこの花館」にて、
2004年07月14日撮影。
[中1] 同上にて、2006年07月11日撮影。
[下] 同上にて、2006年11月11日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp