おおやまふすま (大山衾)

Moehringia lateriflora

Moehringia lateriflora

Moehringia lateriflora

Moehringia lateriflora

Moehringia lateriflora

Moehringia lateriflora

Moehringia lateriflora

Moehringia lateriflora

わが国の各地をはじめ、北半球に広く分布しています。山地や草原に生え、高さは5〜20センチになります。茎には毛があって直立し、長楕円形の葉は対生します。5月から8月ごろ、小さな白色の5弁花を咲かせます。名前は、大きな夜具を意味します。別名で「ひめたがそでそう(姫誰が袖草)」とも呼ばれます。< 
ナデシコ科オオヤマフスマ属の多年草で、学名は Moehringia lateriflora。英名は Grove sandwort。 
Grove sandwort (Moehringia lateriflora) belongs to the Caryophyllaceae (the Carnation family). It is a perennial herb that is native to throughout Japan and the Northern Hemisphere. This herb grows in mountain or grasslands, and can reach 5-20 cm in height. The stems are erect, hairy, and the leaves are oblong and opposite. The small white flowers bloom from May to August. 
[上] 栃木県日光市「戦場ヶ原」にて、2010年06月26日撮影。
[中1・中2] 福島県北塩原村「雄国沼」にて、2009年06月27日撮影。
[中3・中4] 長野県松本市内田「県林業総合センター」にて、
2005年05月22日撮影。
[中5] 長野県松本市奈川「白樺峠」にて、2005年06月25日撮影。
[中6・下] 福島県北塩原村「雄国山」にて、2014年06月15日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp