おおやまざくら (大山桜) [Index] [Back]

Prunus sargentii

Prunus sargentii

Prunus sargentii

Prunus sargentii

Prunus sargentii

Prunus sargentii

Prunus sargentii

わが国の本州、中部地方以北から北海道、それに南千島、サハリン、朝鮮半島に分布しています。山地の疎林や林縁に生え、高さは10〜15メートルになります。葉は楕円形から倒卵状楕円形で、先端は尾状に伸び、縁には粗い鋸歯があり、重鋸歯が混じります。4月から5月ごろ、葉の展開とほぼ同時に、紅色から淡紅色の花を咲かせます。果実は核果で、5月から6月に黒紫色に熟します。
バラ科サクラ属の落葉高木で、学名は Prunus sargentii。
英名はありません。
"Ooyama-zakura" (Prunus sargentii) belongs to the Rosaceae (the Rose family). It is a tall deciduous tree that is distributed northward from Chubu district of Honshu to Hokkaido, as well as the southern Kril Islands, Sakhalin and the Korean Peninsula. This tree grows in mountain sparse forests or Forest edges and can reach 10-15 m in height. The leaves are elliptic to obovate-elliptic with cuneatic tips, coarsely toothed edges and mixed double-serrated margins. The rose pink to pale rose pink flowers bloom with new leaves from April to May. The fruits are drupes and ripen blackish purple from May to June.
[上・中1〜2] 栃木県日光市「東京大学付属日光植物園」にて、
2012年06月09日撮影。
[中3・中4] 長野県原村「八ヶ岳自然文化園」にて、
2013年05月06日撮影。
[中5・下] 山形県小国町「樽口峠」にて、2016年04月23日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp