おおしまざくら (大島桜)

Prunus speciosa

Prunus speciosa

Prunus speciosa

Prunus speciosa

Prunus speciosa

Prunus speciosa

Prunus speciosa

Prunus speciosa

Prunus speciosa

Prunus speciosa

Prunus speciosa

わが国の本州、房総半島や伊豆半島それに伊豆諸島に分布しています。「かすみざくら(Prunus verecunda)」の海岸型か島嶼型と推定されています。葉は楕円形から倒卵形で重鋸歯があり、互生します。3月から4月ごろ、葉の展開とともに、芳香のある一重の白い花を咲かせます。この若葉の塩漬けは桜餅を包むのに使われ、おもに西伊豆でつくられています。
バラ科サクラ属の落葉高木で、学名は Prunus speciosa。
英名はありません。
"Ooshima-zakura" (Prunus speciosa) belongs to the Rosaceae (the Rose family). It is a tall deciduous tree that is distributed to the Boso Peninsula, the Izu Peninsula of Honshu and the Izu Islands. It is estimated to a maritime or island type of "Kasumi-zakura" (Prunus verecunda). The leaves are elliptic to obovate with double-serrated margins, and arranged in alternate. The scented, single, white flowers bloom with new leaves from March to April. The salt pickled leaves are used as a wrapping of cherry rice cake, and produced in the West Izu Peninsula.
[上] 大阪府交野市「大阪市大付属植物園」にて、
2006年04月06日撮影。
[中1] 同上にて、2005年04月09日撮影。
[中2] 同上にて、2004年05月15日撮影。
[中3・中4] 茨城県神栖市太田新町にて、2013年03月23日撮影。
[中5〜中8] 同上にて、2015年03月31日撮影。
[中9・下] 茨城県北茨城市「五浦岬公園」にて、
2015年04月12日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp