オプンティア・レプトカウリス

Opuntia leptocaulis

Opuntia leptocaulis

Opuntia leptocaulis

Opuntia leptocaulis

Opuntia leptocaulis

Opuntia leptocaulis

アメリカの西南部、アリゾナ州西部・オクラホマ州南部からメキシコの
北部にかけて分布しています。砂漠や草原に生え、高さは90センチ
ほどになります。茎の太さは2.5センチくらいで、よく分枝して潅木状
になり、全体に長い棘が生えています。5月から6月ごろ、茎の周り
に黄緑色から褐色の花を咲かせます。果実は長さ1.5センチほど
で、鮮やかな赤色に熟し、冬のあいだも茎についたままです。
サボテン科オプンティア属の団扇サボテンで、学名は Opuntia
leptocaulis。英名は Desert Christmas cactus, Christmas cactus。
Desert Christmas cactus (Opuntia leptocaulis) belongs to Cactaceae
(Cactus family). It is a prickly pear that is distributed southward from
southwestern United States; western Arizona and southern Oklahoma to
northern Mexico. This cactus occurs in deserts or grasslands and can reach
about 90 cm in height. The stem is about 2.5 cm across, much branched
and shrubby. The plants are covered with long spines. The yellowish-green
to brown flowers come around the stem from May to June. The fruits are
berries about 1.5 cm long and ripen in red. They remain through winter.
[上] アメリカ・テキサス州「イーグルキャニオン」にて、
2001年05月13日撮影。(photo by Jouette Suehiro)
[中1・中2] 同上にて、2001年05月13日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中3・中4] アメリカ・テキサス州「ビングベンド国立公園」にて、
2007年10月31日撮影。(photo by Jouette Suehiro)
[下] 同上にて、2007年11月01日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp