オプンティア・フェアカンタ

Opuntia phaeacantha var. major

Opuntia phaeacantha var. major

Opuntia phaeacantha var. major

アメリカの中南部から西南部、メキシコにかけて広く分布しています。
もっともふつうに見ることのできる「うちわぼてん」で、高さは0.5
〜1.5メートルになります。茎節は扁平な楕円形で、鋭い棘が生え
ています。4月から6月ごろ、鮮やかな黄色い花を咲かせます。果実
は赤紫色に熟し、甘くて食べることができます。
サボテン科オプンティア属の団扇サボテンで、学名は Opuntia
phaeacantha var. major。英名は Major prickly pear。
Major prickly pear belongs to Cactaceae (Cactus family). It is an evergreen
perennial herb that is native to central-south and south-western USA and
Mexico. This cactus is a most common prickly pear and can reach 0.5-1.5
m in height. The segments are flat elliptic with acute spines. The bright
yellow flowers come in April to June. The fruits ripen burgundy red, sweet
and edible.
[上・中] アメリカ・ニューヨーク市「ニューヨーク植物園」にて、
2004年03月18日撮影。
[下] アメリカ・カリフォルニア州サンディエゴ市「バルボア公園」にて、
2007年03月23日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp