オプンティア・ルフィダ [Index] [Back]

Opuntia rufida

Opuntia rufida

アメリカの南西部からメキシコ北部に分布しています。砂漠に生え、横に広がった群落を形成し、高さは150センチほどになります。茎節は扁平な卵形から円形で、長さは20センチ未満、厚みは2.5センチになりません。棘座は赤褐色の房に似ています。春、黄色から橙赤色の花を咲かせます。果実は多肉質の液果でごく短い棘があり、黄緑色で熟すと赤くなります。
サボテン科オプンティア属の団扇サボテンで、学名は Opuntia rufida。
英名は Blind prickly pear。
Blind prickly pear (Opuntia rufida) belongs to Cactaceae (the Cactus family). It is a prickly pear that is native to south-western United States and northern Mexico. This pear grows in desert, form wide-spreading clumps, and can reach about 150 cm in height. The stem segments are flat ovate to round, to 20 cm long and less than 2.5 cm thick. The areoles are resembling reddish-brown hairy tufts. The yellow to orange-red flowers bloom in spring. The fruits are fleshy berries with very short spines, yellow-green ripening to red.
アメリカ・テキサス州「ビッグベンド国立公園」にて、
2007年11月01日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp