オランダふうろ (オランダ風露) [Index] [Back]

Erodium cicutarium

Erodium cicutarium

Erodium cicutarium

Erodium cicutarium

Erodium cicutarium

ヨーロッパやアフリカ、西アジアに分布しています。海岸の砂丘や草原、道ばたなどに生え、高さは15〜45センチになります。葉は2〜3回羽状複葉で、小葉は細かく分裂しています。2月から5月ごろ、小さな藤色の5弁花を咲かせます。花後、花柱は5センチほどに伸びます。
フウロソウ科オランダフウロ属の一年草または二年草で、学名は Erodium cicutarium。英名は Stork's bill, Pin clover。
Stork's bill belongs to Geraniaceae (Geranium family). It is an annual to biennial herb that is native to Europe, Africa and West Asia, This herb occurs in sandy dunes, grassland or roadsides and can reach 15-45 cm in height. The leaves are once to twice pinnatly compound, and the leaflets are finely divided into segments. The small, 5-petaled, lavender flowers come in February to May. The style grows to 5 cm long after blooming.
[上・中1・下] 長野県大町市「ラ・カスタ」にて、2007年07月10日撮影。
[中2・中3] アメリカ・テキサス州マッキニー市「ハードミュージアム」
にて、2007年04月06日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp