オレンジ (甘橙)

Citrus sinensis

Citrus sinensis

Citrus sinensis

Citrus sinensis

Citrus sinensis

Citrus sinensis

インド北部のアッサム地方が原産です。中国からヨーロッパに伝わ
り、現在では世界中で栽培されています。高さは9メートルほどにな
ります。3月から4月ごろ、芳香のある白い花を咲かせます。果実は
みかん状果で、冬から翌春にオレンジ色に熟します。果実は生食用
やジュースの原料に、また西アジアでは花を蒸留した「オレンジフラ
ワーウォーター」が香料に用いられます。和名では「あまだいだい(甘
橙)」と呼ばれます。
ミカン科ミカン属の常緑小高木で、学名は Citrus sinensis。
英名は Sweet orange。
Sweet orange belongs to the Rutaceae (the Citrus family). It is a semi-tall
evergreen tree that is native to Assam region of northern India. Sweet
orange was introduced into Europe via China, and it is cultivated
worldwide nowadays. This tree can reach about 9 m in height. From
March to April, sweet scented white flowers bloom. Fruits are
hesperidiums, ripen orange from winter to next spring. Fruits are used for
raw diets and juices. "Orange flower water" which distilled from flowers is
used for purfume in West Asia.
[上・中1] スペイン・バレンシア県プソルにて
、2012年04月02日撮影。(photo by Yumi Gunji)
[中2〜中4] オーストラリア・シドニー市「ガルストンオープンガーデ
ン」にて、2006年08月12日撮影。(photo by Yumi Gunji)
[下] オーストラリア・シドニー市チェリーブルックにて、
2007年02月03日撮影。(photo by Yumi Gunji)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp