オルキス・マヤリス [Index] [Back]

Orchis majalis

Orchis majalis

Orchis majalis

Orchis majalis

Orchis majalis

Orchis majalis

Orchis majalis

ヨーロッパのピレネー山脈から北はバルト海、東はドン川までに分布しています。低湿地や標高2000メートル以上の山地に生え、高さは15〜40センチになります。基部の葉は広い披針形で、黒紫色の斑が多数あります。また茎葉は小さな披針形です。5月から7月ごろ、花茎を伸ばし、暗い赤紫色の花を咲かせます。
ラン科ハクサンチドリ属の多年草で、学名は Orchis majalis (syn. Dactylorhiza majalis)。英名は Western marsh orchid。
Western marsh orchid belongs to the Orchidaceae (the Orchid family). It is a perennial herb that is native to Europe, from the Pyrenees north to the Baltic and east to the Don. This herb grows in wet marshes and on mountains up to 2,000 m elevation, and can reach 15-40 cm in height. The basal leaves are broad lanceolate with many black-purple mottles. The cauline leaves are small lanceolate. The flower spike is borne and the dark reddish-purple flowers bloom from May to July.
[上・中1〜2] スイス・ベルン州・グリンデルワルト「バッハアルプ
ゼー」にて、2007年06月28日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中3] スイス・ベルン州・ミューレンにて、2007年06月29日撮影。
(photo by Jon Suehiro)
[中4・中5] スイス・ベルン州グリンデルワルトにて、
2008年06月18日撮影。(photo by Jouette Suehiro)
[下] 同上にて、2008年06月18日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp