オルキス・パルストリス [Index] [Back]

Orchis palustris

ヨーロッパ全体に分布しています。標高1150メートル未満の湿地や湿った草地に生え、高さは30〜60センチになります。茎はほっそりしています。葉は狭い披針形で、斑点はありません。4月から6月ごろ、ルーズな穂状花序をだし、赤紫色や淡紫色、まれに白色の花を咲かせます。外萼片は上向きに伸びて、唇弁は3個に浅裂し、距は水平もしくは上向きに尖ります。
ラン科ハクサンチドリ属の多年草で、学名は Orchis palustris。
英名は Bog orchid。
Bog orchid (Orchis palustris) belongs to the Orchidaceae (the Orchid family). It is a perennial herb that is native to all over Europe. This herb grows in marshes and damp meadows, to 1,150 m elevation, and can reach 30-60 cm in height. The stem is slender. The leaves are narrow lanceolate and unspotted. The loose spike is borne and produces magenta or pale purple ,rarely white flowers from April to June. The outer sepals are spreading upwards, the lips are three lobed, and the spurs are horizontal or upward pointing.
クロアチア・ドゥブロニク「ロクルム島」にて、2012年05月03日撮影。
(photo by Aya Nishizawa)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp