オレガノ・ケントビューティ [Index] [Back]

Origanum cv. Kent Beauty

Origanum cv. Kent Beauty

Origanum cv. Kent Beauty

オリガヌム・ロツンディフォリウムとオリガヌム・スカブルムの種間交雑種です。株立ちになるとともに地面を這い、高さは15〜25センチになります。茎は針金状で、卵形で青緑色の小さな葉が密につきます。葉には芳香がありますが、辛味はなく、ふつう料理には使われません。花は小さなピンク色で、ピンク色の苞葉があります。またホップのような形状で、夏から秋にかけて咲き、ドライフラワーにも利用されます。
シソ科ハナハッカ属の多年草で、学名は Origanum cv. Kent Beauty。
英名は Oregano 'Kent Beauty'。
Oregano 'Kent Beauty' (Origanum cv. Kent Beauty) belongs to Lamiaceae (the Mint family). It is an interspecific hybrid between Origanum rotundifolium and Origanum scabrum. This herb is bushy, trailing and can reach 15-25 cm in height. The stems are wiry and densely covered with small, ovate and glaucous leaves. Although the leaves are aromatic, they are not of the pungency and are usually not used in cooking. The flowers are small pink with pink bracts. They are hop-like and bloom from summer to fall, and also used in dried flower arrangements.
茨城県小美玉市「美野里花木センター」にて、
2009年04月08日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp