オルニトフォラ・ラディカンス

Ornithophora radicans

Ornithophora radicans

Ornithophora radicans

ブラジルが原産です。「オンシジウム」の近縁で、一属一種です。樹
木や岩の上に着生し、匍匐茎を伸ばしてところどころに扁平な長楕
円形の球茎をつけます。葉は線形で、球茎から2個ずつでています。
秋、花茎を伸ばして小さな花を咲かせます。属名は、ギリシャ語で
「鳥のような」という意味です。
ラン科オルニトフォラ属の常緑多年草で、学名は Ornithophora
radicans。英名はありません。
[上・中] 京都市左京区「京都府立植物園」にて、
2006年10月25日撮影。
[下] 同上にて、2004年12月07日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp