おしろいばな (白粉花)

Mirabilis jalapa

Mirabilis jalapa

Mirabilis jalapa

Mirabilis jalapa

Mirabilis jalapa

Mirabilis jalapa

Mirabilis jalapa

Mirabilis jalapa

Mirabilis jalapa

Mirabilis jalapa

Mirabilis jalapa

Mirabilis jalapa

Mirabilis jalapa

Mirabilis jalapa

メキシコが原産です。わが国へは江戸時代に渡来しました。高さは1メートルほどになり、よく分枝して心卵形の葉が対生します。7月から10月ごろ、真っ赤なトランペット形の花を咲かせます。夕方から咲きだして翌朝の9時ごろには花を閉じるので、「ゆうげしょう(夕化粧)」とも呼ばれます。名前は、花後にできる黒い種子をつぶすと白い粉が出ることから。太い根があり、地上部が枯れても、つぎの春にはまた芽が出てきます。
オシロイバナ科オシロイバナ属の多年草で、学名は Mirabilis jalapa。英名は Marvel of Peru、Four o'clock。
Marvel of Peru (Mirabilis jalapa) belongs to the Nyctaginaceae (the Four-o-clock family). It is a perennial herb that is native to Mexico. It was introduced into Japan in Edo Period (about 270 years ago). This herb is much branched and can reach about 1 m in height. The leaves are cordate-ovate and opposite. The red to magenta trumpet-shaped flowers come in July through October. They are nocturnal and open from evening to next morning. The plant has thick roots and the young shoots are borne in spring.
[上・中1・中5] 愛知県新城市豊岡にて、2007年10月05日撮影。
[中2] オーストラリア・シドニー市チェリーブルックにて、
2006年01月20日撮影。(photo by Yumi Gunji)
[中3・中4] 長野市松代温泉にて、2004年07月29日撮影。
[中6・中7] 千葉県香取市久保にて、2011年08月12日撮影。
[中8・中9] 千葉県香取市仁良にて、2011年11月09日撮影。
[中10〜12・下] 同上にて、2014年09月15日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp