おたからこう (雄宝香)

Ligularia fischerii

Ligularia fischerii

Ligularia fischerii

Ligularia fischerii

Ligularia fischerii

Ligularia fischerii

Ligularia fischerii

Ligularia fischerii

Ligularia fischerii

Ligularia fischerii

Ligularia fischerii

Ligularia fischerii

Ligularia fischerii

Ligularia fischerii

Ligularia fischerii

Ligularia fischerii

Ligularia fischerii

Ligularia fischerii

Ligularia fischerii

Ligularia fischerii

Ligularia fischerii

わが国の本州、福島県以西から四国、九州に分布しています。深山の沢沿いなどに生え、高さは1〜2メートルになります。根生葉は大きく、心円形で長い柄があります。7月から9月ごろ、茎の上部に総状花序をつけ、黄色い頭花を咲かせます。舌状花は8個ほどあり、「めたからこう」の1〜3個に比べると華やかな感じがします。名前は、根茎の香りが熱帯雨林の竜脳木から採れる「宝香(竜脳香)」に似ていて、「めたからこう」よりも強壮に見えることから。
キク科メタカラコウ属の多年草で、学名は Ligularia fischerii。
英名はありません。
The "O-takarako" (Ligularia fischerii) belongs to Asteracear (the Aster family). It is a perennial herb that is distributed westward from Fukushima prefecture of Honshu to Shikoku and Kyushu. This herb grows in wetish places along montane streams and can reach 1-2 m in height. The basal leaves are large cordate-round with long petioles. The racemes are borne on the upper stems and bloom yellow flower-heads from July to September. The flower-head has around 8 ray flowers. The root has borneol-like aroma.
[上・中5] 長野県小谷村千国乙「栂池自然園」にて、
2006年08月02日撮影。
[中4] 同上にて、2005年07月14日撮影。
[中1・中2] 長野県小谷村中土「湯峠」にて、2005年08月30日撮影。
[中3] 長野県富士見町富士見「入笠山」にて、
2006年08月24日撮影。
[中6] 群馬県富士見村「沼の窪村有林」にて、
2008年04月27日撮影。
[中7〜中11] 茨城県北茨城市関本町にて、
2012年09月22日撮影。
[中14〜中16] 同上にて、2013年09月08日撮影。
[中12・中13] 福島県檜枝岐村「尾瀬沼」にて、
2013年08月25日撮影。
[中17・中18] 福島県いわき市「仏具山」にて、
2014年04月20日撮影。
[中19・下] 福島県川俣町飯坂「花塚山」にて、
2014年05月17日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp