おとこえし (男郎花)

Patrinia villosa

Patrinia villosa

Patrinia villosa

Patrinia villosa

Patrinia villosa

Patrinia villosa

Patrinia villosa

Patrinia villosa

Patrinia villosa

Patrinia villosa

Patrinia villosa

Patrinia villosa

Patrinia villosa

わが国の各地をはじめ、朝鮮半島や中国に分布しています。山地の草原や道ばたなどに生え、高さは1メートルほどになります。茎には全体に毛が多く、葉は羽状に深裂したり、分裂しないものがあります。8月から10月ごろ、茎の上部で分枝して、小さな白い花をいっぱいに咲かせます。名前は、「おみなえし(女郎花)」と対でつけられたもので、男性的で強壮な感じがすることから。果実には丸い団扇のような翼があります。 
オミナエシ科オミナエシ属の多年草で、学名は Patrinia villosa。
英名はありません。 
"Otokoeshi" (Patrinia villosa) belongs to the Valerianaceae (the Valerian family). It is a perennial herb that is distributed to Japan, the Korean Peninsula and China. This herb grows in montane grasslands or roadsides and can reach about 1 m in height. The stem is hairy and branched at the upper part. The leaves are pinnatipartite or undivided. The colymbs are borne and bloom small white flowers from August to October. The fruit has a round wing. 
[上] 長野県松本市安曇「奈川乗鞍林道」にて、
2007年08月01日撮影。
[中1・中2] 長野県大鹿村大河原「鳥倉山」にて、
2005年09月22日撮影。
[中3] 岡山県美作市長内にて、2004年08月25日撮影。
[中4] 滋賀県木之本町「賤ヶ岳」にて、2003年11月02日撮影。
[中5・中6] 新潟県十日町市松之山にて、2008年10月19日撮影。
[中7・中8] 長野県軽井沢町「軽井沢町植物園」にて、
2008年10月18日撮影。
[中9〜11・下] 茨城県かすみがうら市「雪入ふるさとの里公園」にて、2016年07月17日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp