おとこようぞめ (男ようぞめ)

Viburnum phlebotrichum

Viburnum phlebotrichum

Viburnum phlebotrichum

Viburnum phlebotrichum

Viburnum phlebotrichum

Viburnum phlebotrichum

Viburnum phlebotrichum

Viburnum phlebotrichum

Viburnum phlebotrichum

Viburnum phlebotrichum

わが国の本州、関東地方以西から四国、九州に分布しています。日
当たりの良い山地に生え、高さは2メートルほどになります。葉は卵
形で縁には粗い鋸歯があり対生します。葉柄は赤みを帯び、上面に
は溝があります。4月から5月ごろ、淡い紅色を帯びた白い花を咲か
せます。果実は秋に赤く熟しますが、食用にはなりません。名前は、
木曽・下伊那地方の方言で「がまずみ」をさす「ようぞめ」に由来し、
痩せていて食用にならないことから。葉は枯れたり傷ついたりする
と、真っ黒に変色するのが特徴です。
スイカズラ科ガマズミ属の落葉低木で、学名は Viburnum
phlebotrichum。英名はありません。
'Otoko-youzome' (Viburnum phlebotrichum) belongs to Caprifoliaceae
(Honeysuckle family). It is a deciduous small tree that is distributed
westward from Kanto district of Honshu to Shikoku and Kyushu of Japan.
This tree occurs in sunny mountains and can reach about 2 m in height. The
leaves are ovate and opposite with coarse toothed edges. The petioles are
tinged reddish and the leaf blades have valleculas on adverse sides. The
pale rose-pink tinged white flowers come in April to May. The fruits are
ripen in red in fall, though they are not edible. The leaves turn in black when
injured or blighted.
[上・中3・中4] 長野県安曇野市穂高有明「中房渓谷」にて、
2006年06月02日撮影。
[中1] 岐阜県瑞浪市釜戸町にて、2005年04月30日撮影。
[中2] 京都府宇治市「宇治市植物公園」にて、
2005年04月28日撮影。
[中5] 同上にて、2004年11月05日撮影。
[中6] 同上にて、2006年11月08日撮影。
[下] 同上にて、2006年03月24日撮影。
[中7] 静岡県浜松市「浜松市フルーツパーク」にて、
2005年11月19日撮影。
[中8] 岐阜県中津川市駒場にて、2007年10月04日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp