おったちかんぎく (乙立寒菊)

Chrysanthemum indicum var. maruyamanum

Chrysanthemum indicum var. maruyamanum

島根県出雲市乙立町の立久恵峡で発見されました。「シマカンギク」
の変種で、葉が小さく3中裂します。10月から12月ごろ、黄色い舌
状花の頭花を咲かせます。
キク科キク属の多年草で、学名は Chrysanthemum indicum var.
maruyamanum。英名はありません。
[上] 京都府宇治市「宇治市植物公園」にて、2003年12月23日撮影。
[下] 同上にて、2004年11月05日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp