おうしゅうななかまど (欧州七竈)

Sorbus aucuparia

Sorbus aucuparia

Sorbus aucuparia

Sorbus aucuparia

Sorbus aucuparia

Sorbus aucuparia

Sorbus aucuparia

Sorbus aucuparia

Sorbus aucuparia

Sorbus aucuparia

Sorbus aucuparia

ヨーロッパからシベリアに広く分布しています。平地にも生え、高さは7〜15メートルになります。ヨーロッパでは、古くから街路樹や庭園木として植栽されてきました。葉は奇数羽状複葉で、9〜19個の長い披針形で鋭い鋸歯のある小葉があります。5月から6月ごろ、真っ白な花を咲かせます。果実は8月から9月に熟しますが、果実酒やジャムに利用されます。別名で「ヨーロッパななかまど(ヨーロッパ七竈)」や「せいようななかまど(西洋七竈)」とも呼ばれます。 
バラ科ナナカマド属の落葉小高木で、学名は Sorbus aucuparia。英名は Mountain ash、Rowan。 
Mountain ash (Sorbus aucuparia) belongs to the Rosaceae (the Rose family). It is a semi-tall deciduous tree that is native to Europe and Siberia. This tree grows in lowlands to subalpine and it can reach 7-15 m in height. It has been cultivated as a roadside tree or garden tree from the ancient days. The leaves are impari-pinnate with 9-19, elongated-lanceolate, sharply serrated leflets. The pure white flowers come in May and June. The fruits ripen in red from August to September, and used for fruit wine or jam. 
[上・中1〜2] 大阪府交野市「大阪市大付属植物園」にて、2006年06月21日撮影。
[中3] スイス・ベルン州・インターラーケン「シーニゲプラッテ高山植物園」にて、2007年06月27日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中4] イギリス・スコットランド「ブラックリン滝」にて、2016年06月07日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中5・中6] イギリス・ドーセット州ボーンマスにて、2011年08月17日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中7〜8・下] ノルウェー・ホルダラン県・ウルヴィック村にて、2018年06月27日撮影。(photo by Jouette Travis)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp