オキザリス・ヒルタ (木立花酢漿草)

Oxalis hirta

Oxalis hirta

Oxalis hirta

Oxalis hirta

南アフリカの西ケープ地方が原産です。高さは30センチほどにな
り、葉は3出複葉で小葉は線形から倒卵形です。10月から12月ご
ろ、葉腋から花柄を伸ばし、藤桃色の花を咲かせます。咽部は黄色
です。園芸品種もあり、「ロセア(cv. Rosea)」は濃いピンク色です。和
名では「きだちはなかたばみ(木立花酢漿草)」と呼ばれます。
カタバミ科カタバミ属の多年草で、学名は Oxalis hirta。
英名は Tropical wood sorrel。
Tropical wood sorrel (Oxalis hirta) belongs to Oxalidaceae (Wood sorrel
family). It is a perennial herb that is native to Western Cape Province of
South Africa. This herb can reach about 30 cm in height. The leaves are 3-
lobed compounds with linear to obovate leaflets. The peduncles are borne
on the axiles and bloom violet-pink flowers from October to December.
The collora has a yellow throat.
[上・中1] 大阪府四条畷市清滝中町にて、2007年11月10日撮影。
[中2・下] 同上にて、2006年11月04日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp