オキザリス・ルブラ

Oxalis rubra

Oxalis rubra

ブラジルが原産です。もっともふつうに栽培されているオキザリスの
仲間で、高さは30センチほどになります。塊茎があります。6月から
9月ごろ、集散花序に、濃い筋のあるピンクからうす紫色の花を咲か
せます。分類学的には「イモカタバミ(O. articulata)」の亜種という位置
づけになります。
カタバミ科カタバミ属の多年草で、学名は Oxalis rubra。
英名は Windowbox wood sorrel。
アメリカ・ニューヨーク市「ブルックリン植物園」にて、
2002年10月13日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp