オキザリス・スクレンタ [Index] [Back]

Oxalis succulenta

Oxalis succulenta

Oxalis succulenta

南アメリカのペルーとチリに分布しています。この小低木はマット状に生長し、高さは40センチほどになります。茎は多肉質で、緑色の葉は3出複葉です。春の終わりから盛夏にかけて、花茎の先に小さな黄色い花を咲かせます。花は回転形をしています。
カタバミ科カタバミ属の常緑小低木で、学名は Oxalis succulenta。
英名は Sulphur oxalis。
Sulphur oxalis (Oxalis succulenta) belongs to the family Oxalidaceae family (the Wood sorrel family). It is a perennial evergreen subshrub that is native to Peru and Chile in South America. This subshrub grows in mat forming, and it can reach 40 cm in height. The stems are succulent and the green leaves are trifoliate. The small yellow flowers bloom at the tip of flowering stalk from late spring to mid summer. They are rotate shaped.
茨城県つくば市「つくば実験植物園」にて、2013年01月19日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp