オキザリス・トリアングラリス

Oxalis triangularis

Oxalis triangularis

Oxalis triangularis

南アメリカのブラジルが原産です。高さは10〜12センチほどで、紫
褐色の三角形の葉が特徴です。初夏から夏にかけて、白色のまた
は淡いピンクの花を咲かせます。日中に開花し、夜間や曇りの日は
閉じたままです。秋に地上部は枯れて、越冬します。
カタバミ科カタバミ属の多年草で、学名は Oxalis triangularis。
英名はありません。
[上] 静岡県浜松市「浜名湖花博」にて、2004年09月19日撮影。
[中] 大阪府河内長野市「花の文化園」にて、2003年06月27日撮影。
[下] アメリカ・テキサス州ダラス市「ダラス植物園」にて、
2006年04月14日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp