オキシトロピス・ヤックイニー [Index] [Back]

Oxytropis jacquinii

Oxytropis jacquinii

ヨーロッパアルプスに分布しています。標高1500〜2900メートルの草地に生え、高さは5〜25センチになります。葉は奇数羽状複葉で、披針形から狭卵形の小葉がつきます。7月から8月ごろ、すみれ色の蝶形花を咲かせます。
マメ科オヤマノエンドウ属の多年草で、学名は Oxytropis jacquinii。
英名はありません。
Oxytropis jacqinii belongs to Fabaceae (Pea family). It is a perennial herb that is native to European Alps. This herb occurs in montane grasslands 1500-2900 m elevation and can reach 5-25 cm in height. The leaves are odd-pinnate and the leaflets are lanceolate to narrowly ovate. The purple-violet papilionaceous flowers come in July to August.
スイス・ベルン州・インターラーケン「シーニゲプラッテ高山植物園」
にて、2007年06月27日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp