おやまりんどう (御山竜胆)

Gentiana makinoi

Gentiana makinoi

Gentiana makinoi

Gentiana makinoi

Gentiana makinoi

Gentiana makinoi

Gentiana makinoi

Gentiana makinoi

Gentiana makinoi

Gentiana makinoi

Gentiana makinoi

Gentiana makinoi

Gentiana makinoi

Gentiana makinoi

Gentiana makinoi

Gentiana makinoi

Gentiana makinoi

わが国の固有種で、本州の中部地方以北から東北地方南部に分布しています。亜高山帯から高山帯の草地や林縁などに生え、高さは20〜60センチになります。葉は広披針形から狭卵形で対生し、裏面は粉白を帯びます。8月から9月ごろ、茎の先近くの葉腋に、青紫色の花を咲かせます。花冠は浅く5裂して、全開はしません。和名は、「白山(御山)」に因みます。
リンドウ科リンドウ属の多年草で、学名は Gentiana makinoi。
英名はありません。
The "Oyama-rindou" (Gentiana makinoi) belongs to Gentianaceae (the Gentian family). It is a perennial herb that is endemic to Japan and distributed northward from Chubu district to southern Tohoku district of Honshu. This herb grows in sub-alpine to alpine grasslands or forest edges and can reach 20-60 cm in height. The leaves are broad lanceolate to narrow ovate and opposite with powdery white reverse sides. The bluish-purple flowers bloom in upper axils from August to Septembar. The corolla are quintuple-lobate shallowly at the tips and does not fully open.
[上・中1〜2・中6] 長野県白馬村北城「八方尾根」にて、
2006年08月25日撮影。
[中3] 同上にて、2008年08月09日撮影。(photo by Aya Suehiro)
[中4・中5] 岐阜県高山市丹生川町久手「乗鞍岳」にて、
2002年08月17日撮影。
[中7] 新潟県湯沢町「苗場山」にて、2010年09月19日撮影。
(photo by Aya Suehiro)
[中8〜中10] 福島県下郷町「三本槍岳」にて、
2014年08月13日撮影。
[中11〜15・下] 福島県二本松市「安達太良山」にて、
2014年09月06日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp