うだいかんば (鵜松明樺)

Betula maximowicziana

Betula maximowicziana

Betula maximowicziana

Betula maximowicziana

Betula maximowicziana

Betula maximowicziana

わが国の本州、福井・岐阜県以北から北海道、国後島に分布してい
ます。山地に生え、高さは25メートルほどになります。樹皮は黄褐色
または灰褐色で、横に紙状に剥がれ、横長のはっきりした皮目があ
ります。葉は広卵形または卵円形です。5月ごろに花が咲きますが、
やがて長円柱形の果穂となって垂れ下がります。
カバノキ科カバノキ属の落葉高木で、学名は Betula maximowicziana。
英名は Monarch birch。
Monarch birch (Betula maximowicziana) belongs to Betulaceae (the Birch
family). It is a tall decidous tree that is northward from Fukui-Gufu
prefecture to Hokkaido and the Kunashir Island. This tree grows in
mountains and can reach about 25 m in height. The barks are yellowish-
brown to grayish-brown and furrowed into horizontally, papery flakes with
row of lenticles. The leaves are broad ovate to round ovate. The flowers
bloom in May, and produce drooping expanding columnar clusters.
[上・中1〜2・中4] 群馬県みなかみ町藤原にて、
2010年10月03日撮影。
[中3・下] 岐阜県高山市荘川町「御母衣湖」にて、
2002年06月23日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp