うきつりぼく (浮釣木)

Abutilon megapotamicum

Abutilon megapotamicum

Abutilon megapotamicum

Abutilon megapotamicum

Abutilon megapotamicum

Abutilon megapotamicum

アブチロン属は、熱帯から温帯にかけて100種類以上あり、さらにた
くさんの品種が作られています。わが国でも、関東地方以西の温暖
な地方なら、戸外でも越冬できます。本種はブラジル原産で、5月か
ら10月にかけて真っ赤な提灯のような花を下垂して咲かせます。赤
く見えるのは萼で、黄色いのが花弁です。
アオイ科イチビ属の常緑低木で、学名は Abutilon megapotamicum。
英名は Trailing abutilon。
Trailing abutilon (Abutilon megapotamicum) belongs to Malvaceae (the
Mallow family). Abutilon is a genus of up to 100 species occurring in
tropical to temperate regions. Many cultivars have been developed. This
shrub can survive outdoors in mild-winter locales extending west from the
Kanto district of Japan. It is native to Brazil. The bright red, drooping,
lantern-like flowers, consisting of reddish sepals and yellow petals, bloom
from May to October. (edit by Greg Brockelbank)
[上・中2] 大阪府交野市「大阪市大付属植物園」にて、
2006年07月22日撮影。
[中1・中4] 大阪府枚方市招提元町にて、2006年10月30日撮影。
[中3] 大阪市鶴見区「咲くやこの花館」にて、2005年03月30日撮影。
[下] 韓国・果川(クァチョン)市莫渓洞(マッケドン)「ソウル大公園」
にて、2007年01月26日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp