うきやがら (浮き矢柄)

Scirpus fluviatilis var. yagara

Scirpus fluviatilis var. yagara

Scirpus fluviatilis var. yagara

Scirpus fluviatilis var. yagara

Scirpus fluviatilis var. yagara

Scirpus fluviatilis var. yagara

Scirpus fluviatilis var. yagara

Scirpus fluviatilis var. yagara

Scirpus fluviatilis var. yagara

わが国の各地をはじめ、朝鮮半島や中国に分布しています。河川や
池沼の浅い水中に生え、高さは70〜150センチになります。匍匐茎
を伸ばして広がり、茎は3稜形で、線形の葉がつきます。7月から10
月ごろ、茎頂に散形花序をだし、分枝して枝先に褐色の小穂をつけ
ます。花序の下には2〜4個の苞葉がつきます。名前は、冬枯れて
水面に浮かぶ姿を矢柄に見立てたもの。
カヤツリグサ科ホタルイ属の多年草で、学名は Scirpus fluviatilis var.
yagara。英名はありません。
'Uki-yagara' (Scirpus fluviatilis var. yagara) belongs to Cyperaceae (Sedge
family). It is a perennial herb that is native to all over Japan, Korean
Peninsula and China. This herb occurs in shallow waters of pond or river
and can reach 70-150 cm in height. It spreads by stolons. The stems are
triquetrous, the leaves are linear. The umbellars are borne on the stem
apices and bloom brown spikelets on the branch from July to October.
They have 2-4 bracts under the clusters.
[上・中1〜2] 茨城県神栖市矢田部にて、2008年05月12日撮影。
[中3] 同上にて、2008年05月23日撮影。
[中4〜7・下] 大阪府交野市「大阪市大付属植物園」にて、
2006年06月21日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp