うまのあしがた (馬の脚形)

Ranunculus japonicus

Ranunculus japonicus

Ranunculus japonicus

Ranunculus japonicus

わが国の本州、東北地方以西から四国・九州それに朝鮮半島や中
国に分布しています。日当たりのよい山野に生え、高さは30〜70セ
ンチになります。根生葉には長い葉柄があり、掌状に3〜5裂し、裂
片はさらに浅く裂けます。4月から5月ごろ、光沢のある鮮やかな黄
色い花を咲かせます。全草にプロトアネモニンを含み有毒です。名前
は、根生葉のかたちを馬の蹄に見立てたものといわれますが、似て
いるようには思えません。別名で「キンポウゲ(金鳳花)」とも呼ばれ
ます。
キンポウゲ科キンポウゲ属の多年草で、学名は Ranunculus
japonicus。英名は Mao gen。
[上] 大阪府河内長野市滝畑「岩湧山」にて、2006年05月15日撮影。
[中1・中2] 岡山県柵原町宮山にて、2004年04月22日撮影。
[下] 京都府京田辺市打田北谷にて、2006年04月18日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp