うますぎごけ (馬杉苔)

Polytrichum commune

Polytrichum commune

Polytrichum commune

Polytrichum commune

Polytrichum commune

Polytrichum commune

Polytrichum commune

Polytrichum commune

Polytrichum commune

Polytrichum commune

Polytrichum commune

わが国の各地をはじめ、世界の温帯地域に広く分布しています。低地から高山帯の針葉樹林内や湿地などに生え、高さは5〜20センチになります。針状の葉は、乾燥すると茎に密着します。凾ノは4稜があり角張ります。京都の日本庭園などで、もっともよく利用される「すぎごけ」です。
スギゴケ科スギゴケ類の蘚類で、学名は Polytrichum commune。
英名は Hair cap moss。
Hair cap moss (Polytrichum commune) belongs to the Polytrichaceae family. It is a perennial moss that is distributed to all over Japan and the worldwide temperate areas. This moss grows in lowland to alpine coniferous forests or bogs, and it can reach 5-20 cm in height. The leaves are needle-like and attached firmly to the stems in dry condition. The capsules are quadrangular and angulated. This moss is generally used for Japanese gardens in Kyoto.
[上・中1] 長野県大町市八坂「唐花見湿原」にて、
2006年05月10日撮影。
[中2・中3] 茨城県つくば市「つくば実験植物園」にて、
2009年08月01日撮影。
[中4・中5] 同上にて、2013年01月19日撮影。
[中6〜中9] 福島市土湯温泉町「浄土平」にて、
2013年07月20日撮影。
[下] イギリス・スコットランド・ベンカウワーズにて、
2016年06月06日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp