うめ (梅)

Prunus mume

Prunus mume

Prunus mume

Prunus mume

Prunus mume cv. Kagoshima Beni

Prunus mume cv. Kagoshima Beni

Prunus mume cv. Ryokugaku Shidare

Prunus mume cv. Ryokugaku Shidare

Prunus mume cv. Tairin Ryokugaku

Prunus mume cv. Takasago Shidare

Prunus mume cv. Gyokuei

Prunus mume cv. Koume

Prunus mume cv. Dairi Koubai

Prunus mume cv. Yae Ageha

Prunus mume cv. No.1 Kitano

Prunus mume cv. No.2 Kitano

Prunus mume cv. Kasugano

Prunus mume cv. Kuroki-no-Ume

Prunus mume cv. Kankou

Prunus mume cv. Reikanji Koubai

Prunus mume cv. Dongein Koubai

Prunus mume cv. Shiro Hitoe Aojiku

Prunus mume cv. Asahi Hikari

Prunus mume cv. Sango

Prunus mume cv. Chidori

Prunus mume cv. Kichirobei

Prunus mume cv. Genpei

Prunus mume cv. Kampaku

Prunus mume cv. Shiratama Ume

Prunus mume cv. Bungo Ume Tairin

Prunus mume cv. Koiaka Yae

Prunus mume cv. Oushuku Bai

Prunus mume cv. Shiro Hitoe Aojiku

Prunus mume cv. Oushuku Bai

Prunus mume

Prunus mume

Prunus mume

Prunus mume

Prunus mume cv. Uguisu-no-tani

Prunus mume cv. Kikeika

Prunus mume cv. Kenkyo

Prunus mume cv. Shira-kaga

Prunus mume cv. Bungo Ume Tairin

Prunus mume cv. Shira-kaga

Prunus mume cv. Suishin-kyo

Prunus mume cv. Kenkyo

Prunus mume

Prunus mume

Prunus mume

Prunus mume

Prunus mume

Prunus mume

Prunus mume

Prunus mume

Prunus mume

Prunus mume

Prunus mume

Prunus mume

中国が原産です。わが国へは奈良時代に伝わったといわれています。ふつう高さは5〜10メートルほどになります。多種多様の品種があり、大きくは野梅系、紅梅系それに豊後系に分けられています。1月から3月ごろ、前年枝の葉腋に芳香のある花を咲かせます。果実は梅雨のころに黄色く熟します。
写真の品種は、中4・中5が「かごしまべに(鹿児島紅)」
中6・中7が「りょくがくしだれ(緑萼枝垂)」
中8が「たいりんりょくがく(大輪緑萼)」
中9が「たかさごしだれ(高砂枝垂)」
中10が「ぎょくえい(玉英)」
中11が「こうめ(小梅)」
中12が「だいりこうばい(内裏紅梅)」
中13が「やえあげは(八重揚羽)」
中14が「No.1 Kitano」
中15が「No.2 Kitano」
中16が「かすがの(春日野)」
中17が「くろきのうめ(黒木の梅)」
中18が「かんこう(寒紅)」
中19が「れいかんじこうばい(霊鑑寺紅梅)」
中20が「どんげいんこうばい(曇華院紅梅)」
中21・中32が「しろひとえあおじく(白一重青軸)」
中22が「あさひひかり(旭光)」
中23が「さんご」
中24が「ちどり(千鳥)」
中25が「きちろべえ(吉郎兵衛)」
中26が「げんぺい(源平)」
中27が「かんぱく(寒白)」
中28が「しらたまうめ(白玉梅)」
中29・中42が「ぶんごうめたいりん(豊後梅大輪)」
中30が「こいあかやえ(濃赤八重)」
中31・中33が「おうしゅくばい(鴬宿梅)」
中38が「うぐいすのたに(鴬の谷)」
中39が「きけいか(鬼桂花)」
中40・中45が「けんきょう(見驚)」
中41・中43が「しらかが(白加賀)」
中44が「すいしんきょう(水心鏡)」 
バラ科サクラ属の落葉小高木で、学名は Prunus mume。
英名は Japanese apricot。 
Japanese apricot (Prunus mume) belongs to the Rosaceae (the Rose family). It is a semi-tall decidous tree that is native to China. This tree was introduced into Japan in Nara Era (1,300 years ago), and it can reach 5-10 m in height. There are many cultivars, and divided into No-ume breed, Koubai breed and Bungo breed. Scented flowers on the axils of new branch come from January to March. Fruits are ripen yellow at Bai-u (rainy season). 
[上] 大阪府四条畷市清滝中町にて、2005年01月30日撮影。
[中1] 名古屋市守山区「東谷山フルーツパーク」にて、
2005年02月26日撮影。
[中2] 静岡県芝川町内房にて、2006年02月27日撮影。
[中3] 長野県箕輪町「信州伊那梅園」にて、2006年04月04日撮影。
[中4・中6・中8〜10] 神奈川県鎌倉市岡本「大船植物園」にて、
2007年02月14日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中38] 同上にて、2009年02月21日撮影。
[中5・中7・中11〜31・中42] 大阪府交野市
「大阪市大付属植物園」にて、2007年03月01日撮影。
[中32・中33] 同上にて、2006年06月21日撮影。
[中34] アメリカ・ニューメキシコ州サンタフェ市にて、
2006年05月28日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中35・中36] 茨城県水戸市「桜山公園」にて、
2010年01月24日撮影。
[中37] 千葉県香取市「阿玉台貝塚」にて、2010年02月23日撮影。
[中39〜中41] 茨城県水戸市「偕楽園」にて、
2009年03月01日撮影。
[中43〜中45] 同上にて、2011年02月26日撮影。
[中56・下] 同上にて、2016年02月28日撮影。(photo by Aya Seko)
[中46〜中49] 群馬県高崎市寺尾にて、2012年04月01日撮影。
[中50・中51] 茨城県那珂市「茨城県植物園」にて、
2015年02月01日撮影。
[中52〜中55] 福島市「花見山公園」にて、2015年03月29日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp